日米国際結婚&海外旅行ブロガー りりさんに色々聞いてみた

時代が変われば、出会いの形も変わり

しかし国を超えても、愛情は変わらない

今日は国際結婚&海外旅行ブロガーりりさんに色々聞いてきました

(先日、国際結婚一周年を迎えたとのことなので、国際結婚をメインテーマに話を進めます。)

りりさんのプロフィールもチェック▶https://itsmylife-riri.com/profile

支える側へ立つ

-日米恋愛を題材にブログを始めたきっかけや目的は何でしょうか?

「私は日本在住でアメリカ人と国際結婚をしています。結婚に至るまでの国際恋愛中、文化の違いによる不安な出来事がたくさんありました。私の周りに国際恋愛・結婚をしている人があまりおらず、さらにアメリカ人との恋愛や結婚をしている人は誰一人いなかった為、相談できる人がいませんでした。

そんな時に様々な国際恋愛・結婚ブログを読んで勇気づけられたり、共感したり、どのように関係性を築いて行けば良いのか参考にする事が多くありました。

結婚が決まってからも、入籍はどのようにすればいいのか。日本側には何を提出して、アメリカ側には何を提出するべきなのか。アメリカ移住する場合、ビザはどのように取得すればよいのか。など、分からない事だらでした。この時も実際にアメリカ人と国際結婚をした方のブログなどを参考にする事が多かったです。

今までは読者側でしたが、私自身が経験した事を今現在困っている方に向けて「私も何かお手伝いできればいいな~」と思いブログを開設しました。

国際恋愛・結婚がまだまだ主流ではない日本で、偏見を持たれたり、マウントを受けたりする事が多々ありますが、愛する人と共に歩む人生は素晴らしいことなので国際恋愛・結婚で悩まれている方に対して微力ながら何かお手伝いができればいいなと思っています。

「国際恋愛」「国際結婚」と検索するとネガティブな意見も多く見受けられますが「そんな事はない!」と伝えて行きたいです。

ブログ開設に当たってベンチマークは特にありませんが、ブログポルタさんでもご紹介されているhinaさんやyumiさんのブログは同じ女性ブロガーとして私も注目しています。」

日本も時代が下ったとはいえ、偏見があるのもまた事実です

それを乗り越えるツールとしてブログが機能するのは嬉しいですね

-ご主人様との出会いはTinderだったと記憶していますが、言語面や文化面での違いの不安、問題は出会う前と後でどう変わりましたか?

「おっしゃる通り主人とはTinderで知り合いました。始めは英語の勉強をしようと思って利用していたのですが、利用しているうちに「実際に会いましょう」とお誘いを受けることもしばしば。

実際に会わなくても、メッセージのやり取りはたくさんの英語スピーカーの方としていたので、正直な所、とても英語の勉強になりました。私は面倒くさがりということもあり、実際に会ったのは主人を含めて3人(アメリカ人・オーストラリア人)でした。2番目に会った人がとにかく家へ連れて行こうとする人で「デーティングアプリってやっぱりこんな感じだよね…。」と思った印象が強いです。もちろん家には行っていませんが、そういうこともあるのがデーティングアプリだと分かった上で警戒しながら利用した方がいいと思います。2番目に会った人の後は、もう誰とも会うつもりはありませんでしたが、

Tinderを利用しはじめてすぐの頃にマッチングをし、2週間に1回ほどしか連絡をしないアメリカ人男性が突然「今度会おう」と言ってきました。もうお分りでしょうが、この人が主人です。

もう実際に会うのは面倒くさいと感じていたのですが、わざわざおしゃれなレストランを私の為に予約をしてくれていたので、会ってみることにしました。会話はずっと英語だったので、私は会話について行くのがやっとでしたが、彼がエスコートしてくれたのですごく居心地が良く長時間一緒にいました。

その後も頻繁にデートをするようになり、彼から告白をされて交際をスタートする事になりました。

実は「アメリカでは告白をして付き合うという文化はない」のですが、

彼が「日本の告白をして交際をスタートさせるという文化」を知っていたので告白をしてくれたそうです。

言語や文化の違いはもちろんありますが、お互いがお互いの国を理解し歩み寄る事で、解決していっています。」

-羨ましいお話です!そして、りりさんのブログでは、挙式の場所決めやご祝儀文化の有無など国際結婚ブロガーならではの実際的な話題も取り扱っていますが、そのなかで特徴的なエピソードや記事などはありますか?

「交際中は文化の違いで困ったことは、正直な所あまりありません。彼が日本在住だったということもあり、彼が日本の文化を理解してくれていたのだと思います。文化の違いでの衝突は、同棲が決まってから家事のことや金銭面のことです。それもひとつずつ話し合って解決していきました。

結婚が決まってからはさらに文化の違いが顕著に出てきました。アメリカでは新婦側が結婚式の費用を支払い、結婚式の予行練習を行いながらお酒を飲む前夜際「リハーサルディナー」を新郎側が支払います。昨今の日本では新郎側が全て支払うということは少なくなっていると思いますが、昔ながらの風習でいうと結婚式の費用は新郎側が支払う。

このようにお金に関する文化の違いや意識・認識の違いで衝突することが多くありました。

ちなみに私たちの場合、彼が日本に住んでいるにも関わらず「娘さんを僕に下さい。」のような、両親への挨拶も割愛しています。私の両親は比較的、柔軟なタイプなのでこれで問題はありませんでしたが、厳格な家庭の場合は、このような日本独自の風習を結婚相手に理解してもらい、行動してもらうことになるでしょう。

さらに主人は日本語が話せる為、私の家族や友人たちと円滑なコミュニケーションを取ることが可能ですが、日本語が話せない場合は、家族や友人とのコミュニケーションも大変になってくると思います。逆に私の場合は、まだまだ英語が上手ではないので、主人の家族やアメリカ在住の友人たちと深い話をすることができません。今は日本に住んでいるので、特に問題はありませんが、アメリカ移住後はこんな事では生活をすることができないと自覚している為、現在英語の勉強中です。

最近あった出来事なのですが、彼の義理兄の奥さんがビジネスをしていて、以前から勧誘を何度か受けていました。私は興味がないので断っていたのですが、次は私の日本人の友人を紹介して欲しいと言ってきました。さすがに嫌気がしたので、主人に「私を巻き込まないで欲しい。あなたからどうにかするよう彼女に伝えて欲しい。」と言いました。すると「自分の事は自分で解決するべきだ。僕から彼女に伝えると子供っぽいヤツだとアメリカでは思われてしまう。」と言われました。結局、主人に英文を添削してもらいながら「ストレートにお断りと、もう今後一切ビジネスの事は私には言わないで欲しい。」と彼女に伝えることにしました。このようなイレギュラーな英語やアメリカ的な感覚に面喰いました。

私の国際結婚ブログの中で最も読んで頂いている記事は「私と主人が出会った方法」です。

https://itsmylife-riri.com/relationship1
結構赤裸々につづられています、必読ですね

とても詳しく書いているので、外国人との出会いを探している方や国際恋愛に興味がある方の参考になればいいなと思っています。 (歯列矯正の記事の方がアクセスがありますが、今回は国際結婚ブログということなので、こちらは省かせて頂いてます。) 」

-なるほど、あまりステレオタイプには片づけられない問題ですね…

夫の変化、そしてこれからのブロガーへ

-インタビューも終盤になります。次の質問は、ブログを運営していて一番思い出に残った出来事はなんですか?あれば、具体的なエピソードもお願いします!

「ブログを開始したと同時に主人にブログのことを伝えていましたが「だから何?」と言うように、あまり興味を示しませんでした。ですが「こんなブログを書いたよ~」と主人に見せれる範囲(国際恋愛・結婚系の記事は見せていません。)のブログを見せているうちに

段々と私がブログをしていることを理解してくれたのか、最近はとても協力的になり旅行などに行くと、ブログに掲載できるようにと自ら率先して写真を撮ってくれます。

もちろんブログを書く為だけに主人と旅行に出かけている訳ではないので、私もブログのことばかり考えすぎないように配慮をしながら旅行をしています。

最近では「僕の奥さんはブロガーなんだ!」と、主人が私のことを有名ブロガーかのように同僚や友人に話しているそうで、主人の知人に見つからないかヒヤヒヤしています。(笑) 」

-なかなかハードル上げられてますね。たしかにこれはヒヤヒヤします…

それでは、最後の質問です。①これからブログを始める方、モチベーション維持に困難を感じる初心者ブロガーへアドバイス②そして、ブログの今後の展望などお聞かせください

「①私はブログを開設する前にメモ書きで10記事分ほど文章を書き貯めていました。「ブログ開設」はハードルが高いと思いがちですが、まず文章を書くことから始めてみてはいかがでしょうか。

またブログは開設したものの、続かない方も多くいらっしゃると思います。そうゆう場合はTwitterやInstagramなどSNSでブロガーさんと交流してみるのもひとつの方法だと思います。

SNS内ではブログを頑張ってる方がたくさんいらっしゃるので、刺激を受けたり、様々なブログを読むことで自分自身の成長にも繋がることでしょう。

②私のブログは「アメリカ人と国際結婚」が主なテーマですが、来年にアメリカへ移住する予定なので移住後はアメリカの情報やアメリカでの生活も発信していく予定です。

国際結婚やアメリカに興味がある方に向けて生きた情報をお届けできるよう活動していきます! 」

-丁寧にお答えいただきありがとうございました。これで今回のインタビューを終わりです。これからも応援しております。

まとめ

なんと、来年にはアメリカに移住する予定のりりさん

すごい行動力ですね!日本にいる間も、そしてアメリカに移ってからもそのご活躍を祈念し、精一杯応援させていただきます。

そして、遅ればせながらご結婚一周年おめでとうございます!

BlogPortaからのおすすめ記事▼

アメリカ人と国際結婚して1年経過!周囲が思う「国際結婚」の実態とは」 〈 https://itsmylife-riri.com/1anniversary 〉

アラサーが歯列矯正を1年間してみた結果…7~12ヵ月目までを比較」   〈 https://itsmylife-riri.com/braces1year2 〉

りりさんのBlog▶https://itsmylife-riri.com/

りりさんのTwitter▶https://twitter.com/riri_itsmylife7

りりさんのInstagram▶https://www.instagram.com/riri.itsmylife/